サングラスはどうやって選ぶ?重視するポイントや選び方を解説


まずはサングラス選びのポイントを理解しよう

サングラスを選ぶ時には、重視すべき3つのポイントがあります。1つ目は、顔の幅とフレームの横幅を合わせることです。フレームが顔の幅よりも大きすぎると、寄り目に見えることがあるからです。できるだけ横幅が近いものを選びましょう。2つ目は、顔の輪郭と形が違うフレームを選ぶことです。フレームと顔の形が同じであれば、隠したい部分がかえって強調される可能性があります。3つ目は、フレームカーブと眉のラインを合わせることです。眉が隠れるくらいのサングラスを選ぶことで、馴染みがよくなります。

輪郭に合うフレームの形を具体的に選ぶ

フレームの形を選ぶ時は、輪郭の形とは逆のものを選びましょう。たとえば丸顔の方には、シャープな印象のあるスクエアがおすすめです。知的な雰囲気になるでしょう。四角顔の方には、丸みのあるラウンドが適しています。トレンド感もあるため、おしゃれさを重視したい方にもおすすめです。フレームの形がよく分からないというサングラス初心者には、ウェリントンがぴったりです。どんな輪郭の方でも似合いやすく、ベーシックな形だといえます。

重視するのは機能?ファッション性?レンズの色を選ぶ

フレームの形が決まったら、レンズの色も選びましょう。たとえばブラウン系であれば、コントラストが強調されて遠くのほうがしっかりと見えます。芝生の色が強調されるため、ゴルフやアウトドアに適しています。グレー系であれば、まぶしさをしっかりと抑えてくれるでしょう。色調が変わりにくいため、どんな場面でも使いやすいです。グリーン系は、自然な色調をキープすることに長けています。視界が自然なので、ランニングなどの運動シーンに最適です。

調光レンズ使用の眼鏡は、紫外線の濃度で色が変わります。室内では薄く屋外では濃くなるため、1本で眼鏡とサングラスとして使えます