ヒートアイランド現象や温暖化対策で注目!屋上緑化とは?


屋上緑化とは?どんなことをするのか?

屋上緑化とは、建物の屋上に植物を植えることを指します。商業施設や企業の建物、一般家庭などの屋上などを緑化することが可能です。商業施設などでは買い物客がくつろげる場所として提供されていることもあり、屋上庭園などと呼ばれることもあります。屋上緑化は地球温暖化対策の一環として採用されることが多く、都心部のヒートアイランド現象を食い止める役割りなどがあります。環境の改善をしながら、より人々が暮らしやすい空間を取り入れる目的もあるのです。

また省エネに繋がるのも、屋上緑化の特徴です。夏の暑い時期には室内の温度が上がるのを防ぎ、寒い冬の時期には暖かくしてくれます。植物たちが自然に温度調節をしてくれるのでエアコンを無駄に使う必要が無くなり、省エネとなるのです。さらに植物自体が建物を強い日差しや雨から守ってくれるので、劣化を防いでくれるのもメリットです。

屋上緑化をするときの手順

屋上緑化をするときには、まず屋上の清掃から始めます。ゴミを拾ったり、汚れを落としたりして清潔な状態にします。汚れが落ちないときには洗浄などをして、綺麗にしておくことも大切です。次にプライマーの処理をして、耐根シートを貼り付けます。シワにならないように注意しながら引き詰めるのがポイントです。耐根シートの隙間にはテープを貼って、空間を無くします。きちんと排水が行われるように専用のシートも敷いて、準備は完了です。

シート全体に水を撒いたら、芝生を取り付けます。芝生と芝生の間に隙間があれば、細かい小石を撒いておくと良いです。全て終わったら水を与えて、芝生が成長しやすい環境を整えます。根がつくまで毎日水やりをするのも重要です。

屋上緑化をする際には人工土壌が使われる場合が多いですが、土であるために風などで飛散してしまう恐れがあるため、それを防ぐためにマルチング材なども使われます。