複数のタイプがある電子タバコ!どれを選べば良い?


電子タバコのタイプは様々

電子タイプは専用のリキッドを電気の力で水蒸気に変え、それを吸い込むものです。その基本的な部分は共通ですが、それ以外の特徴は製品ごとに異なります。その中から自身の使用スタイルや、好みに合わせて選択する必要があります。

リキッドを補充するタイプ

電子タバコの中で最も汎用性が高いと言えるのが、自身でリキッドを補充するタイプです。電子タバコの強みとしては、様々な香りを持ったリキッドの豊富さが挙げられます。紙巻きタバコの風味を再現したりメンソールが配合されていたりするものから、フルーツやスイーツなど甘いものまで幅広いです。そしてリキッド補充タイプはそのリキッドひと通りに対応しているため、入れ替えることで様々な香りを楽しむことが可能です。さらに上級者になると、充填する前に自身で複数のリキッドを調整してオリジナルの香りを作り出すということもできます。

比較的取り扱いやすいカートリッジタイプ

電子タバコには、リキッドがあらかじめカートリッジに充填されていて、それを交換するだけですぐに使えるようになるタイプもあります。リキッドを補充する手間がありません。ただこのカートリッジタイプは使用できるリキッドが限られるため、使用したいリキッドがあるかどうかを事前に確かめることが大切です。

手軽な使い捨てタイプ

電子タバコの中で最も扱いが簡単なのは、使い捨てタイプです。加熱部分もバッテリーも全部、使用し終わったら捨てることができます。そのためリキッド補充もカートリッジ交換も必要ありません。その分単価は高くなりがちなので、手軽さとコストを天秤にかけた上で決めましょう。

ニコチンリキッドは、電子タバコに装着するニコチン入り溶液です。ニコチンの成分のほか、香料も配合し様々なフレーバーが楽しめます。